25歳の公務員転職で気をつけるべき5つのポイントとリスク管理

「人生詰んだ・・・」そうなる前に知っておきたい気をつけることとするべきこと

 

「公務員になって安定した生活を送りたい・・・」

 

決まった休みが取れて、お金も結構もらえる。簡単にはクビにならない。公務員は人気の職業です。
ちょっと待ってください!
人気だから転職したい、安定そうだから転職しようと軽く思っていませんか?
公務員への転職は気をつけなければ痛い目を見てしまいます。
なぜか?
公務員への転職の前に気をつけるべきポイントを5つにまとめました。

 

筆記だけじゃない!面接もある!
公務員になれるのは一握りだけ!
意外と自由じゃない公務員!
目的がはっきりしている
あきらめたときは・・・

 

一つずつ確認していきましょう。

1.筆記だけじゃない!面接もある!

公務員試験は筆記だけではありません。面接も行います。公務員試験は一見資格試験のように既定の点数を取ればなれると思っている人がいるようです。しかし、筆記試験の結果が良くても面接で落とされてしまうことがあります。
面接官も人です。筆記試験なら決まった答えがありますが、面接は面接官によって正解が違うこともあることに気をつけなければなりません。どれだけ勉強をしても、面接で面接官が不合格といえば、それまでの筆記試験の勉強がすべて水の泡です。
試験勉強はかなりの時間が必要です。だから一度、仕事を辞めてから専門学校で勉強する人が多いですが、その期間の収入はもちろんありません。多くの時間を使って勉強しても試験で合格できないのも珍しくありません。

2.公務員になれるのは一握りだけ!

2014年度の大卒の国家公務員の申込者数が17,985人に対して合格者は1,367人です。公務員の倍率は約13.2倍の難関です。
10人に一人も合格しないのが現状です。筆記試験の結果がいいだけでは合格できません。
自分はその10人に1人の人材なのかということをしっかりと見極めていきましょう。

3.意外と自由じゃない公務員!

収入は年功序列で勤務年数が多ければいいという環境です。仕事にやる気があっても、上司や先輩より仕事をしても、収入は決まっています。それでも定年まで働き続けるこ理由が必要です。収入も安定しているといった情報はあると思いますが、実際にもらっているのが、少ないと感じたときに収入がもう少しほしいと思っても、成果で昇給や賞与アップになることはありませんし、公務員は副業ができません。一般の会社でも副業禁止の企業はありますが、現在は副業を進めている企業も増えてきています。また、服装や髪形にしても、公務員は就業規則が一般の企業に比べてとても制約が多いのは事実です。思っていた仕事ができない。生活が楽しくないといったことがないように事前に情報収集しましょう。

4.目的がはっきりしている

公務員になって、「ここで働きたい」という強い気持ちがあるなら、公務員になるまでの勉強も大丈夫。公務員になってから多少給料や環境が悪くなっても大丈夫だと思えるなら公務員でがんばれる人だと思います。。
もし、安定した収入や生活がほしいというだけなら、公務員はおすすめしません。勉強で時間だけをすごしてしまったり、公務員になれても思ったほど収入もないと感じてしまえば、結局転職することになります。公務員と言っても、場所や職種によれば、年収が300万円、400万円台の公務員の場合もあります。この収入でイメージしている安定した生活は送れるでしょうか。目的が安定した生活を送りたいということだと、収入が低かったり、公務員になれなかった場合にイメージと逆の生活を送ることになるリスクが大きいでしょう。公務員になるなら、なぜ公務員の仕事になるのか目的を明確にする必要があります。

5.あきらめたときは・・・

いろんな理由で公務員への道をあきらめてしまうことにもなります。勉強に専念していた場合、企業の面接官は「なぜ、公務員になることを諦めたんですか?」と聞いてきます。
試験に失敗したから諦めましたという人材を取りたい企業はありません。公務員になれなかったときに社会人への復帰が難しくなることを考えておきましょう。
仕事をしたまま勉強をしてもリスクはあります。他の人が仕事の経験や知識を磨いている時間を公務員試験のために使うわけです。当然、同期との差が出てきます。後輩にも抜かれてしまうかもしれません。
やはり違う企業へ転職したいとなったとき、自分の市場価値を下げてしまえば、条件のいいところへの転職ができなくなってしまいます。

リスク管理と他の公務員になりたい人より有利になる方法

安定を求めて公務員を目指したはずが、気づいたら収入や仕事内容、人間関係に愚痴をこぼす毎日に!

 

「そんなことにならないためにはどうすればいいの?」

 

それは転職エージェントというサービスの活用です!

 

転職エージェントとは企業と求職者のマッチングを仲介するサービスです。
転職エージェントがなぜおすすめなのか、他の人より有利になるのか2つの理由をお伝えします。

 

1.面接の実践をすることができる
公務員の試験には面接があります。でも、なかなか練習はできませんよね?
専門学校や予備校が模擬をしてくれるといっても、やはり緊張感、本番独特の雰囲気には欠けてしまいます。
「公務員の面接で緊張して実力が発揮できなかった・・・」
そんなことでは何のために勉強してきたのか分かりません。
もちろん公務員面接とは違いますが、模擬面接ではできない「本番」で場慣れすることは公務員になるためには思っている以上に大切です。

 

2.公務員に落ちてしまったときに無職になることを防ぐことができる
どんなにがんばっても、公務員に落ちてしまうということはあり得ます。しかし、落ちてから考えるから大丈夫というのは学生までです。落ちても大丈夫なように対策を取っておくのが「できる人」です。落ちてしまって「人生詰んだ・・・」なんてことにならないようにしっかりリスク管理すれば、「お前これからどうするんだ?」なんて親や友達に言われても問題ありません。

 

つまり転職エージェントを利用すれば、面接でしっかりと実力を伝えることができ、万が一落ちてしまっても、すぐに社会復帰することができます。

 

しかし、どんな転職エージェントでも大丈夫というわけではありません。
自分に合った転職エージェントを見つけることが重要です。
25歳の公務員志望におすすめの転職エージェントの選び方を3つのポイントでお伝えします。

公務員志望におすすめの転職エージェント選びのポイント

第2新卒の転職に強い

登録のほとんどが20代の求職者なので、20代に必要なアドバイスをもらうことができ、公務員の面接にも役立つ情報がもらえます。

アドバイザーが親身

アドバイザーが親身に対応してくれれば、面接について自分の気づくことができなかったことも気づくことができます。もしかしたら、公務員になるより素敵な企業に出会えるかもしれません。

初めての転職に強い

初めての転職活動で分からないことも解消してくれる転職エージェントを選べば、公務員に落ちたとしても、満足な転職活動ができます。

 

この3つのポイントを押さえて転職エージェントを選びましょう。面接でプロの目で評価してくれるのはもちろん、転職エージェントを間違えて無駄な転職活動をしたり、自分に合わない企業へ転職することもありません。公務員志望のあなたにオススメの転職エージェントをピックアップしました。以下から自分に合った転職エージェントで、安定の仕事と今より少し余裕のある生活が手に入ります。

第2新卒が安定企業と出会うためにおすすめエージェント一覧

 

エージェント

アイデム
スマートエージェント

ハタラクティブ DODA(デューダ)

ターゲット

20代 20代
20代フリーター
※東京、神奈川、埼玉、千葉のみ
全般

アドバイザー

20代
未経験でも
80%以上が
1次面接へ
4万人の実績
フリーターから
正社員成功率
78%
経験豊富

初心者

親身な対応で
リアルな情報が
聞ける
マンツーマン対応 求人数が多い

詳細


>>詳細はこちら


>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

20代転職初心者にはアイデムスマートエージェントでの転職がおすすめ!

20代の転職なら親身な対応が高評価のアイデムスマートエージェント

 

「希望と全然違った求人ばかり紹介されるのでは?」
という声をよく聞くきますが、そんな不安があっても大丈夫です!
求職者の希望の条件と企業が求める人材を見ながら求人を紹介してくれます。
アイデムスマートエージェントのサポートは親切・丁寧だから初めての転職でもミスマッチの求人の紹介がありません。対応も上から目線ではない対応で安心できます。
20代で初めての転職だと、どういったことを調べればいいのかなどが分かりません。アドバイザーがそれぞれの企業の内情を熟知しているので、「本当に言っている条件で働けるの?」といった不安や「安定している企業で働きたい」といったこともプロのアドバイザーが全て解決してくれます。転職初心者が安定した生活を手に入れるためにはアイデムスマートエージェントへ登録して転職しましょう!

 


安定な生活がしたい方はこちら!

25歳でも第2新卒で転職できる?【社会人経験に自信がない方へ】 ■第2新卒の求人が増えているわけ 今、企業は、社会人2〜3年目で転職を目指す、いわゆる第2新卒の採用に前向きな傾向があります。 ではなぜ、企業は第2新卒の採用に前向きなのでしょうか。 それは、「伸びしろがある」からです。 25歳くらいまでの第2新卒であれば、変に企業の風土に染まりすぎていたりすることがなく、これから長く活躍して欲しいと思っている採用側の企業にとって好都合なのです。 また、まだ十分年齢が若いので、ある程度キャリアを積んでいる転職者よりも柔軟性が高く、企業との親和性をイメージしやすくなります。 ですから、社会人経験が少ないからと言って、マイナスに捉えることはありません。 むしろそれはプラスと取るべきですし、採用側の企業も好意的な印象を持ちますので、安心してください。 大切なのは、「その会社で長く働きたい」という意欲をきちんと伝えることです。 なぜその業界なのか。そして他の会社ではなく、なぜその会社なのか。長く働いて、なにを実現したいのか。 そういった長期的ビジョンを伝えることによって、必ず良い結果になるでしょう。 ■どうしても不安なときは それでもどうしても不安な時は、転職のプロに相談しましょう。 転職のプロとは、ずばり「転職エージェント」です。 転職エージェントは数多くありますが、その中でも特にAidem Smart Agentがおすすめです。 Aidem Smart Agentは数多くの業界に対してパイプを持っているので、業界問わず転職の相談が可能です。 また、Aidem Smart Agentに登録をすると専任のキャリアアドバイザーが付くので、あなたの今後のキャリア形成に対して多くのアドバイスをもらうことができるでしょう。 またAidem Smart Agentでは面接対策も行っていますので、今あなたの悩みが「社会人経験が希薄なこと」だとしたら、それをそのまま相談してみてください。 きっと、今のあなただからこそアピールできるポイントを分かりやすく教えてくれるはずです。